ブログトップ

男山本店のウェブログ

初めての蒸し米。

d0033015_17484043.jpg昨日洗った米を、今朝蒸しあげました。結果から言うと『成功です』。今年から和釜の設備を変更していたため実際に蒸した米を見て触るまでは期待半分、不安半分でした。ひとまず第一関門クリアーです。今朝から4時30分起床、5時30分からの仕事となりましたが、さすがに早起き初日は疲れます。今こうして文章を考えていても頭がぜんぜん動いてません。誤字脱字で読めない文になりほうでふ。今日は限界のようでふ。ほれではほ疲れ様でした。ホヤスミハサイ。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-11-10 17:53 | 日本酒造り | Comments(0)

米を洗う!

朝から本当に忙しい一日でした。何がどう忙しかったかというと、説明するのも嫌になるくらいのd0033015_17562376.jpg忙しさだったわけです。本日のメーンイベントは今期初めての『洗米』だったわけで、今日一日はその行いのためにあるといっても過言ではありませんでした。少なくても私の心の中では・。
しかし、冒頭にお話ししました通り、本当に忙しかったわけで、気が付けばナント、メーンイベントは終了してしまっていたわけです。うちの原料処理担当、通称『釜屋さん』の熊谷太郎は物の見事に、しかもアッサリと、今日のメーンイベントを終わらせていました。なんと言う手際の良さ!スバラシイ!
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-11-09 18:00 | 日本酒造り | Comments(0)

強力な協力者

うちの蔵の設備はそれほど機械化されたものではありませんが、やはり数種類の醸造用機械d0033015_10315360.jpgは使っています。便利ではありますが定期的なメンテナンスと不定期の故障は覚悟しなくてはなりません。メンテナンスは仕込を行わない夏場に行うので問題はないのですが、仕込み期間中の故障は大きな問題となります。そんな時うちの蔵での強い味方が『沢淳工業』さんです。自宅が蔵の隣にあることもあり、何かにつけ緊急出動していただいています。酒造りは多くの皆さんの協力を得て成り立っていると改めて感じます。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-11-08 10:17 | 日本酒造り | Comments(0)

初洗いまであと2日

日本酒は白米を水で洗い浸漬して蒸すことから始めます。今期の仕込みの第一歩も白米を洗うことからスタートです。それがいよいよ明後日と迫ってきました。ここ数日の蔵の準備はほぼ順調に進んでいるので問題なく良いスタートがきれるとは思うのですが、なんとなく不安もあります。今期はお米を蒸す和釜の改修工事がありましたので・・その点だけが何とも不安なところです。良い蒸しができるだろうか?・・・初洗いまであと2日、初めての蒸しまであと3日・・・。いよいよです。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-11-07 18:50 | 日本酒造り | Comments(0)

今日は日曜日でしたが蔵では日曜日はありません。今日も昨日に続き蔵内の清掃で一日が終d0033015_1719926.jpgわりました。写真は男山の酒母担当の武田君です。最近家を購入して調子に乗っています。それではそろそろ帰ります。お疲れ様でした。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-11-06 17:20 | 日本酒造り | Comments(0)

杜氏が蔵入りしてから2日目。空は快晴、気温も高いです。
d0033015_10273556.jpg今日もお酒を造る「仕込み作業」に向けて、蔵の中の準備が進められています。準備の殆どは蔵の中や器具の『洗い仕事です』。ここ数日は朝から晩まですべてを洗って、殺菌することに重点をおいた仕事が続きます。ですから今日の天気は最高の洗い仕事日よりです。これから夕方まで洗い続けます。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-11-05 10:28 | 日本酒造り | Comments(0)

杜氏蔵入り

11月3日杜氏が蔵入りしました。
以前のブログでお知らせしましたが、石崎杜氏が前期の造りで杜氏を引退されましたので、今期は新しい杜氏を向かえての造りとなります。杜氏をはじめ2名の方が花巻からいらっしゃいましたが、なんと名前が3名とも『鎌田さん』です。
今後詳しく紹介していこうと思います。
 造りの準備で忙しいので今日はとりあえずご報告まで。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-11-04 15:02 | おしらせ | Comments(0)

2005年『蔵の華』稲刈

10月8日、2005年の気仙沼産酒造好適米『蔵の華』の稲刈りが行われました。5月21日の田植えから4ヶ月半、当初は冷夏になるのでは?と言う予想に心配もしましたが、雨風にも負けず立派な稲穂ができました。廿一地区の農家の方をはじめ酒米サポータズクラブの皆さんの苦労の賜物だと思います。いよいよ11月からはこの酒米を使用しての酒造りもスタートしますが、皆さんのご苦労が報われるような美味しいお酒を造りたいと思います。d0033015_1124422.jpgd0033015_11242453.jpg
d0033015_11243957.jpg

[PR]
# by f_otokoyama | 2005-10-11 11:24 | 地米酒づくり | Comments(0)

10月1日は日本酒の日!

今日10月1日は『日本酒の日』です。
なぜ、今日が日本酒の日かと言うと、以下のように説明されています。

 「酒という字は酉(とり)に由来します。古代中国の暦学から生まれた十二支は、年回りではなく本来、月をあらわしていました。それに従えば酉は10番目で10月となります。また、1965年(昭和40年)以前の酒造年度は10月1日からと定められていたこともあり、10月1日は酒造元旦として祝っていたことから、10月1日が日本酒の 日となりました。
   ちなみに、酉の字は酒壺の形を表す象形文字で酒を意味するそうです。」


  秋の夜にしみじみと飲む日本酒は、やっぱりうまい。『日本酒に乾杯!』
        
         白珠の歯にしみとほる秋の夜の
            酒は静かに飲むべかりけり
                    
                         若山牧水   

   

  
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-10-01 09:31 | おしらせ | Comments(0)

朝晩の寒さが秋の訪れを感じさせます。
秋刀魚、鰹、山菜と実りと食欲の秋ですが、春の新酒も蔵の中で静かに
d0033015_1135357.jpg夏を越し、その味わいもゆっくりと熟成され、旨味と深みが増してきました。

 外気と、貯蔵中のお酒の温度がちょうど一緒になる頃に壜詰めしたのが
『華心 特別純米ひやおろし』です。
 秋だけの限定販売になりますので、お早めにお買い求めください。
 今が旬のお酒です。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-09-29 11:41 | おすすめ商品 | Comments(0)