S鉄工所の社長

いつもポンプや搾り機やもろもろの酒造機械が調子悪くなると、すぐに来て修理してくれるのが、蔵の隣にあるS鉄工所さん。震災前は海の近くに工場を構えていましたが、津波で跡形もなく流されてしまい、今は自宅の近くに仮設の工場を構えて仕事をされています。
私より2歳年下の息子さんとそのお父さん(社長)でやっているのですが、先日用事があって仕事場にお邪魔する機会がありました。

 社長がひとりで仕事をされていて、世間話しや今期の酒の造りなど話していた時、何気なく見た机の上にあった社長のノートにビックリしました。。

仕事のメモが手書きでビッシリと書き込んであるのです。細かい字で本当に詳しくビッシリです!

 これがプロなんだ・・と目から鱗、、脱帽です。

 いくら経験を積んだとしても一つ一つの仕事に妥協しない姿勢は私が目標とする酒造りにも言えることです。私は経験がないので、見たり聞いたりしたことはなるべくメモをするようにしているのですが、何年経っても酒造りを続けている以上はずっと書き続けていきたいですね。

驕る(おごる)ことなく、油断することなく、いつも全力で自分の仕事に真摯に向き合っていきたいです。
いやーー、いい勉強をさせていただきました。


                                by柏



 
[PR]
by f_otokoyama | 2014-05-31 14:52 | 雑記 | Comments(0)


気仙沼市造り酒屋のブログです。


by f_otokoyama

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
おすすめ商品
おしらせ
地米酒づくり
日本酒造り
雑記

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧