男山本店のウェブログ


気仙沼市造り酒屋のブログです。
by f_otokoyama
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

酒米サポーターズ『稲刈り』参加者募集

5月21日に田植えを行って3ヶ月以上が経ち、季節は実りの秋を迎えました。
新聞にも県内での稲刈りの記事が掲載されていましたが、ここ気仙沼の廿一地区の
酒米『蔵の華』栽培田の稲刈りも下記日程で行われることとなりました。
稲刈り経験の有無にかかわらず、多くの皆さんのご協力をお願いします。

 日時:平成17年10月8日(土)9時より
 場所:気仙沼市廿一地区 酒米蔵の華栽培田
      (落合小学校前バス停の下)
 準備物:長靴、軍手、手ぬぐい
 会費: 500円(小学校以下は無料)
 参加申し込み: 10月7日まで事務局へ連絡してください。

           お申し込み・お問い合わせ先
             酒米サポーターズクラブ事務局
             (気仙沼市役所産業部農林課農政係)
              電話 0226-22-6600(内線476)
              FAX 0226-22-8901
    
              どなたでも、参加できます。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-09-22 10:51 | おしらせ | Comments(0)

2005年 「呑み切り」実施

毎年今の時期には、貯蔵されている蔵の中の原酒をすべて「きき酒」して、熟成の進み具合はどうか?とか、特に酒質に異常はないか?などを確かめる作業をしますが、このことを『呑み切り』と言います。
d0033015_1723067.jpgきき酒は宮城県産業技術総合センターや酒造組合の先生方にしていただきますが、製造部の社員も一d0033015_17233311.jpg緒に行い、今後の貯蔵や出荷管理について指導をしていただきます。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-08-25 17:24 | おしらせ | Comments(0)

釜場を新しく。

お酒を造る時お米を蒸す作業はとても大切な仕事です。
蒸された米の良し悪しが、お酒のできを決定するといっても過言ではd0033015_172161.jpg
ありません。
お米を蒸す作業をする人を『釜屋さん』と言い、釜屋さんの作業場所は『釜場』と呼んでいます。
そんな非常に大切な釜ですが、実は2年前の宮城県北部地震で中の耐熱煉瓦が崩れてしまいました。なんとか応急処置をしていましたが、今月の地震で、また少し煉瓦が崩れてしまい、今後可能性大と言われる宮城県沖地震を考えると、いよいよ本格的に直さなくてはいけない時期となったようです。
しかし、今まで非常に良い蒸米を作ってきた釜ですから、いざ新しくするとなると勇気がいりす。
来月には工事が始まる予定です。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-08-19 16:35 | おしらせ | Comments(0)

地震

もちろん当たり前ですが、地震は突然きました。

 気仙沼市内の震度は『5』と発表され、かなりの揺れは
感じましたが、幸いにも殆ど被害もない状態でした。
今後の余震にも気をつけていきたいと思います。
 また、多くの方にお見舞いのお電話等を頂いておりました。
誠にありがとうございます。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-08-17 09:31 | おしらせ | Comments(0)

第55回気仙沼みなとまつり

8月7日(日)
 第55回気仙沼みなとまつりが行われました。
d0033015_1751723.jpg昨年同様天候に恵まれ、昨年を2000人上回る143000人の人出があり、
街頭パレード、カッター競漕大会、打ちばやし大競演と夜空を彩った4000発の花火など、
多くの人を魅了するお祭りとなりました。
 
d0033015_17512265.jpgd0033015_17513626.jpg
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-08-09 17:52 | おしらせ | Comments(0)

石崎杜氏お疲れ様でした。

7月22日(金)d0033015_15385991.jpg
 長い間、男山の酒造りの杜氏(とうじ)として働いていただいた石崎栄一杜氏が
退職することとなり、その送別会が開かれました。

 冬場の早朝から夜中まで行われる酒造りは肉体的、精神的にとてもハードです。
まして杜氏ともなればかなりだったでしょう。ここ数年は『なんとかもう1年。』と無理を承知
でお願いしてきましたが、今年の3月の仕込み作業終了と同時に杜氏の職を辞めるとご本人から会社に話がありました。
 今後はご実家で農業をされながら、のんびりとすごされる予定だそうです。
奥さんと第2の人生を歩まれていくことでしょう。
 本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
d0033015_15394361.jpgd0033015_15444838.jpg
d0033015_15443453.jpg

[PR]
# by f_otokoyama | 2005-07-26 15:45 | おしらせ | Comments(0)

涼しい贈り物

ここしばらくは雨ばかりの天気が続き、梅雨明けが待ち遠しく感じていましたが
今日は朝から暑く、気温も30度近くにはなっているんだと思われます。

 今朝、暑さにダレながらいつも通りメールチェックをしていると、市内の岡本製氷会社さん
から画像が送られていました。『?』と思いつつ開いてみると、なんと、なんと涼しげな!
 男山の『蒼天伝300』が氷の中に!
d0033015_1531594.jpg
d0033015_15313257.jpg
 

ご存知の方も多いと思いますが、岡本製氷さんは単なる製氷会社ではなく
氷を使ってすてきな作品をつくる、氷の彫刻師でもあります。
気仙沼市内には岡本さんがプロデュースした氷の水族館などもありますし、
クリスマスには『氷のクリスマスツリー』も作っていらっしゃいます。
詳しくはホームページ http://www.okamotoseihyo.jp  をご覧ください。

 暑い日には氷の水族館はお勧めです。気仙沼におこしの際はぜひ!
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-07-16 15:35 | おしらせ | Comments(0)

田んぼの除草作業

7月9日午前9時から『蔵の華』栽培田で除草作業が行われました。d0033015_10261358.jpg
朝から梅雨空が広がり、今にも雨が振ってきそうな天気だったので
ずぶ濡れ状態での作業は覚悟していましたが、皆さんの日頃の行い
が良いためか、作業終了時までなんとか天気はもちました。d0033015_10263597.jpg
田んぼの草取りは稲の周りに生えている草を手でかき取るようにし、
取った草はそのまま田んぼの中に押し込むようにして入れます。
コツを覚えるとすぐできますし、それほど技術も必要としないので
結構、夢中でやってしまいました。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-07-11 10:27 | おしらせ | Comments(0)

小学生の蔵見学

市内の小学生23名が授業の一環として蔵見学にいらっしゃいました。d0033015_17183637.jpg
初めの1時間ぐらいは、あらかじめ頂いていた質問に答える形で話をさせて頂き
残り時間30分で蔵の中を見ていただきました。
この小学校ではスローフードの考え方を授業で取り入れているらしく、気仙沼の
食べ物や、その食品をつくっている人の話を聞いたりして勉強しているそうです。

私も普段なかなか味わえない楽しい時間をすごせましたが、小学生に説明するのはd0033015_17185072.jpg
これがなかなか難しい。
日本酒ができるメカニズムは説明できても、楽しさや美味しさは言葉では説明できない。
20歳になったら改めて来てもらいたいと思います。
補習授業としてミッチリと教えてあげます。
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-07-07 17:19 | おしらせ | Comments(0)

酒米サポーターズクラブ活動『田の除草作業』参加者募集

5月の田植えからもう1ヶ月半が経とうとしています。
田んぼの中の雑草も伸びだしているころだと思いますが、
下記日程で除草作業を行うことに決定しました。
田植えと稲刈りはメジャーな作業だとすると、今回の
除草作業はとてもマイナーです。もしかすると参加人数が
田植えの時よりもかなり少なくなる可能性も大です。
より多くの参加者を募集しておりますので、よろしくお願いします。

 お問い合わせ・申し込み先
   気仙沼市産業農林課農政係
     電話:22-6600 内線476
     FAX:22-8901
[PR]
# by f_otokoyama | 2005-07-02 15:15 | おしらせ | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧