着火

月々のお酒の出荷状況を数字で見ながら、今の原酒在庫数量が何月まで足りるのかを判断して今期の造るお酒の量を決めます。
 ここ数日間はパソコンではじき出した数字との睨めっこが続いています。
 
 前回の造りでは今までと同じようにお米を洗って、蒸して、麹をつくって、仕込んでみても、醪での酵母の動きがぜんぜんいつもとは異なるケースが多く、結果搾ったお酒も造る前のイメージしていた酒質とは違ったものになることがありました。

 たかだか4年の杜氏生活ですが、それなりに得た私なりの感覚のようなものがあったのですが、それをすべて否定されたようなものでした。正直ショックは大きいです。

 今期はリベンジです!
 これだけはパソコンではじき出された数字では解決しないことなので自分を信じてやるだけです。






、、
 
[PR]
by f_otokoyama | 2016-07-05 09:07 | 雑記 | Comments(0)