搾りへのカウントダウン

蔵生活134日目
 
 大吟醸の搾りがもうすぐ。
 いろいろなことを考えて、やるべきことはすべてやったと思います。

 毎年感じるんですが、、、
 酒造りは造る人を丸裸にするような感覚があって、自分の弱さや未熟さを嫌と言うほど思い知らされます。
 仕事自体は苦労はないのですが、その感覚をいつも感じながら過ごす日々が本当に苦痛なものです。

 
                              BY柏








 

[PR]
by f_otokoyama | 2015-02-12 18:12 | 雑記 | Comments(0)