出口にあるもの

蔵生活71日目

 小さいうちのような蔵でも数十本のタンクのお酒を造ります。
 一本一本発酵の違いがあって面白さとも感じることはあるのですが、搾ってできた原酒を利き酒してみると、あそこでこうすればよかった、、、もうちょっとああすればよかった、、、などとついつい考えてしまうんです。

 一本一本それぞれの醪の違いに早めに気づいて対処していくことが大切なのはわかっているんですが、なかなかできない。難しい、、、。
 
 まったく酒造りは奥が深く、出口は見えないし、もしかしてないのではと思います。
 では、、私はどこに向かって歩いているのでしょうか。。。


                                BY柏
[PR]
by f_otokoyama | 2014-12-11 17:24 | 雑記 | Comments(0)